術後一週間の検査へ

先週4日にオペをしてから一週間たち、今日検査へ行ってきました。
結果まったく問題なしで、明日からすべての運動なんでもOKをいただきました。
いやはやこれで完治ですね。

早く終わってしまったので、旧18号線を通って、めがね橋なんぞを見てきました。
090610-1.jpg

手術前検査でZ病院へ

今日は、群馬のZ病院へ6月3日からの抜釘手術の検査へ行ってきました。

サイベックスという検査で、筋力測定では、
伸ばしは受傷した右足の方が筋力が強かったようで、
曲げは左足の方が強かったです。
いずれにしても、受傷前と全く変わらない数値に復活です。

MRIも撮ったのですが、しっかりと靱帯も繋がっておりました。

おかげさまで超順調な回復で、
抜釘手術で、再建した靱帯と、
縫合した半月板をカメラで確認してもらい、
すべて修了の予定です。

前十字術後一年の診察

20090401130708
入院した日は桜が満開でしたが今年はまだ咲き始めですね

問題なしと太鼓判でした
6月第一週にチタンを抜くオペをして完了予定

3月6日で前十字靱帯断裂から一年たちました

先週の6日で無事、受傷後一年たちました。
今ではネオプレーンのサポーターを付けていますが、
スキーをガンガン滑っても全く不安がないくらいまで、復活しました。
妻であるERIKO、
主治医であるS先生、
ブルクリツアーご参加もいただいているO先生、
Z病院を紹介していただいたMさん。
その他皆さんのおかげで本当に、不安無く順調に回復することが出来ました。
おかげさまで、膝は、痛みもなく、ぐらつき感、違和感なし、正座も完璧に出来ます。
本当にありがとうございました。

ちなみに復帰スケジュールを軽く書くと
3月6日、八方尾根バックカントリーエリアにてスキー中、受傷。自力下山。
3月11日、M病院にて、関節鏡手術。前十字靱帯断裂を確認。
4月7日、Z病院にてハムストリングから採取し前十字靱帯再建手術。半月板も縫合。
5月2日、Z病院退院。
5月は、ウォーキング、プール、ジムトレ、を中心にリハビリ。
6月は、MTBトレイルライドやクライミング、ボルダリングを復帰。正座も出来るようになる。
プール、ジムトレのリハビリも継続。
大型二輪の教習所にも通う。
7月は、大型二輪免許所得。クライミングスクールの仕事も復帰。
山道のトレッキングも復帰し、北海道でリハビリ&ツーリング旅行。
8月は、登山ガイドも復帰。山歩きに不安もなくなりました。
MTBトレイルライドもややハードに攻めれるようになる。
9月は、登攀ガイドも復帰、谷川や、剣岳のガイディングも出来るようになりました。
10月は、ほぼ完全復帰。ほとんどの動作に不安が無くなる。
10月31日には軽井沢プリンスホテルにて、受傷後初スキー。少々不安ながら大丈夫でした。
11月は沖縄クライミングツアーから始まり、
11月22日より立山でのスキーガイディング。室堂最終日までたっぷり滑りまくりました。
ドンジョイを装着していれば、滑走に不安なしを確認。スキーも完全復活!
2月からはドンジョイから、ネオプレーンサポーターに変更。
不安感なし。太ももの太さも左右差ほぼ無くなる。

長いようで短いリハビリ生活でした。
私的には、好きなことをやって遊んでいたので復活も早かったような気がします。

そして6月には、チタンを抜く手術を予定しています。
一応はそれを持って完全復活でしょうかね。

今回は本当に良い経験をさせてもらいました。
体のこともよくわかりましたし、人生の経験として本当に勉強になりました。

これからは、より安全に山で遊んでいきたいと思います。

前十字靱帯術後6ヶ月検査

20081008124618
Z病院で筋力測定と検査でした

サイベックス筋力測定の結果は
伸ばし筋力差95%
BW%は左259右271
曲げ筋力差は100%

ストレスレントゲンは左右の前方繰り出しズレ2、3ミリで問題無し

S先生からも言うこと無しと言われました

おかげさまで順調に回復しております

インラインスケート開始

今日からインラインスケートでのリハビリ開始してみました。
滑りものは受傷後初めてですね。
やっぱり少々不安が残りますが、大丈夫でした。
ジョギングするよりはるかに、膝に負担&緊張感が走りいい感じです。
緩やかな坂を登って、下りはスキーをイメージしてターンしてみましたが、
やっぱり右足はまだ同じように踏めませんね。
これを繰り返してスキーのシーズンインにつなげたいです。
スキーのトレーニングにはかなり有効な気がします。

そういえば旭川のIさんからメールがあり、
旭岳スキー場周辺はすでに初ラッセル!
道も除雪車が入って、シャーベット状態とか。
今年は雪の訪れが早いかもと期待できますね。

わたしもさらにリハビリを積んで、早くスキーがしたいです。

術後20週で診察

20080829105637
順調な回復で伸ばし筋力差91%になりました
スポーツ復帰の目安となる九割クリアーです

レントゲンも骨と靱帯がガッチリ付いているようでダッシュやジャンプを含むフルパワーの運動復帰の許可がでました

山登りや走る動作も不安は無いし、痛みも全く無く調子いいので、これにて完全復活かな

術後16週の診断でZ病院へ

今日は早朝から白馬を出発して、Z病院へ定期検診です。

まずはサイベックスという筋力測定をします。

結果
健足の左足は、体重比260%、手術前の数値を上回り完全パワー復帰。
受傷の右足は、体重比220%、平均男性の筋力を上回り上々(つまりは左足の術後2か月の数値に達成!)。
伸ばす筋力の左右差は、重い負荷(ゆっくりした動き)で76%差、
軽い負荷(速い動き)では79%とかなりすばらしい結果でした。
左足の筋力がかなりアップしているのですが、
それに追いついてパーセンテージが上がっているので、右足はかなりアップしてるようです。

足の曲げ伸ばしも完璧で、正座しても痛みもないです。

レントゲン結果も、ほとんど靱帯と骨は結合しているが、
あと2、3週間は万が一緩んでしまわないように、大事にした方がいいとのこと。
全力疾走と、フルジャンプは次回検査までお預けですが、それ以外のことは何でもしていいようです。

装具もドンジョイの他に、ネオプレーンのサポーターを作ってもらいました。
バイク、クライミングやMTBの時は、サポーターの方が、ドンジョイよりじゃまにならないし調子良さそうです。

病院を出るときにバッタリ入院仲間のMさんと再開。
一緒にケヤキウォークで食事をしたり、だべったり、のんびり過ごしてから白馬に帰りました。