FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

槍穂ツアー最終日

今日も朝から朝焼けがすんばらしい!

070430-1.jpg


出発前に小屋番TさんにA嬢も一緒に
記念写真を撮ってもらいました!
今日も攻めますよ!
070430-2.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

槍穂ツアー2日目

朝からピーカンです。
しかも昨日降った雪がこんもりと!
朝5時にテンションあげあげで出発でーす!

070429-1.jpg

続きを読む

槍穂ツアー初日

毎年恒例となっている槍穂ツアー初日です。
朝からどんより天気で上高地スタートしました。
横尾を過ぎる頃から、激しく雪&雷でした。
写真はまだ板の張っていない橋をこわごわ渡るKさんです。
070428-0.jpg


順調に昼過ぎに、槍沢ロッジに着いたのですが、
本来予定していた槍ヶ岳山荘に向かうのは
雪がガンガン降っている天候状況から無理と判断し、
ちょっと早いですが、宿泊することにしました。
ここはお風呂もある快適な宿なんです。

そして真っ昼間から、酒三昧でございます。
070428-1.jpg


そして雪はガンガン降り続けるのでした。
外はクリスマスツリー状態ですっかり真冬です。
うーんもうすぐ5月になると言うのになんなんざんしょ。
070428-2.jpg

明日は晴れるとの予報なので、早めに寝て明日に備えたのでした。

上高地出発

20070428072310
槍にむけて歩きます

明星山のオールフリールート「マニフェスト」

朝五時半にブルークリフを出発して
昨日と同じメンバーで登ってきました。

070427-1.jpg


取り付きには7時過ぎに到着。
最初のピッチは濡れていてまいりました。
その後は岩も乾いていて、明星にしては岩質もよく快適。
写真は仕事をするK山さんです
070427-2.jpg


しかし、ボルトが古すぎ。
クラックがある所はキャメロットでプロテクションを取るのでいいのですが、
ハング帯はクラックがなく、完全に腐ったボルトや、
自作っぽいリベットボルトしかないのです。
グレード的にはどのピッチも10a位なのですが、
デンジャラスグレードはめちゃ高いです。
リボルトすればとっても楽しいルートになりそう。


現在の所、「絶対に滑落しない」という自信がある方以外にはおすすめできないルートですね。

070427-3.jpg


順調に14時には壁を抜けて15時過ぎには
同ルート懸垂で下山しました。

明日からは槍穂高へブルークリフツアーで行ってきます!

今日は明星山南壁へクライミング

今日はK山さん、Hさんと、岳人の取材で明星へ行ってきました。
まずはチロリアンブリッジで徒渉です。
070426_0858~0001.jpg


マニフェスト1、2ピッチをワンピッチで快調に登ます。
クライマーはK山カメラマン。
070426_0947~0001.jpg


次のピッチを登りだしたところで、突然雨が降り出しました!
こりゃ本降りかと思った瞬間に雷付きの豪雨になり、
壁があっという間に滝のようになってきました。
なんで急いで下降。
今日は敗退です。

また明日行ってきます。

立山ツアー3日目

悪天候にもめげず、飲み続け3日目のツアーまで粘った参加者6名と、ガイド2名で最終日スタートです。
でも朝起きるとまだガスガス、、
うーんどうしましょうと言う感じでしたが、
出発する頃には山の稜線も見えてきて天候も回復しました。
雪はザラメの上に夜降った雪がうっすら乗りいい感じ。
順調に真砂岳までハイクして内蔵助カールにドロップ!
最高でした!
写真は内蔵助カールでのOさんです。
070423-1.jpg


その後内蔵助大斜面を滑る予定でしたが、
ちょうどガスが上がってきてしまい断念。
内蔵助沢をそのまま下りました。

続きを読む

黒部ダム到着

20070423143109
やっと到着

やっと抜けました

20070423082719
暑いです
ザラメの上に新雪5センチ
上はもっといいかもね

週末立山ツアー2日目

朝からガスガスに加えて大雨と強風。
参りました、、
これではさすがに行動不能なので、
山荘の中でロープワーク、アイゼンピッケルのレクチャー、
雪崩に関するお話を講習会的に行いました。
でも皆さん滑りたかったですよね。
でもこの天気ではどうにもならず、昼頃にはバラバラと解散いたしました。

そして連泊組は昼間から、飲んで寝て温泉入ってを繰り返したのでした。
070422-1.jpg

そしてこの宴会は夜の12時まで続いたのでした。
ちょっと飲み過ぎたかも。
それでも明日の晴天を願って熟睡しました。

週末立山ツアー初日

週末立山ツアー初日はガスガスでスタート。
どうにもならないので、ホワイトアウトの
地図とコンパスでの行動訓練と称して2グループに分かれて開催しました。

070421-1.jpg



参加者の皆さんに地図とコンパスを頼りにトップを歩いてもらい、
目標地点を目指しました。
070421-2.jpg

続きを読む

一の越到着

20070421133204
完全ホワイトアウトです

立山ツアー3日目

3日目の極悪ツアーはさすがに参加者2名と静かに開催です。
朝5時頃に、連日の深酒の為トイレに行きたくなり、
起床すると、外はピーカン!一気に目が覚めました。
天気予報では雪だったのに、これまた恐るべし晴れ男HASE!
こりゃ内蔵助行くしかないでしょう。

激ラッセルを順調に大走りをハイクし真砂岳へ。
アイスバーンの上に新雪が80cmは積もっていました。
真砂岳へ到着すると、すっかりガスに覆われてしまう。
一時は、表に降りようかと考えてましたが、
30分待つとガスが晴れてきました!
さすが伝説の晴れ男!

一気に内蔵助カールへドロップ!
写真は内蔵助カールでのIさんです。
070419-1.jpg

昨日より若干雪が重いものの、激パウです!

そのまま内蔵助の史上最強のオープンバーンへ。
こちらもなんとピーカン激パウ!
はっきり言ってみんな気が狂ってました。

その後はいつもより雪の少ない沢に苦労して
右往左往しつつ黒部川に到着。

黒部川を数回徒渉しつつ、最後は黒部ダムへハイクアップ。
そして無事黒部ダムへ下山しました。
もちろんビールで祝杯です。
滑った内蔵助大斜面を見てのビールは最高です!


詳細はツアーレポートもご覧ください。

内蔵助大斜面激パウ

20070419155500
大当てでした
ビールで祝杯です

ピーカン

20070419083517
新雪80の下はカチカチアイス
激ラッセルです

朝からピーカンです

20070419062244
内蔵助決定かも

立山ツアー2日目

昨日の夜にもっさりとさらに新雪が積もってました。
朝は薄曇り。
まあそのうち晴れるだろうと予測しつつ龍王方面へハイク。
そして、龍王に着く頃にはなぜか、うっすらと青空が!
さすが晴れ男HASE。
今日は雪がきわめて安定していなかったので、
斜度が均一な緩斜面か、小さな急斜面しか滑りませんでした。
写真は龍王でのHさんです。
070418-1.jpg

雪はトップシーズン並の極上パウダー!
みんな最高のスプレーをあげて滑っていました。

その後は、鬼とたんぼ平を滑りましたが、
どちらも極上パウダースノー!
最後のタンボ平ではみんな狂ったように声を上げてました!
薄曇りで気温が低かったおかげで、一日雪が軽かったです。
私も数え切れないくらい、立山には来ていますが、
4月としては伝説に残る、最高の雪質の一日でした。
そしてみくりに帰る頃には、もっさり雪が降ってきました。
こりゃ明日も期待できそう。

詳細はツアーレポートもご覧ください。


下山後聞いた話なのですが、
この日は、雷鳥沢で雪崩による死亡事故があったそうです。
心からご冥福を申し上げます。

今日も祝杯

20070418190029
今日は伝説クラスの激パウ三昧でした
たんぼ平激パウには参りました
明日も攻めますよ

たんぼ平

20070418141648
全部激パウ

なぜか晴れてきました

20070418141620
激パウのリョウオウ最高でした

新雪でバフバフ

20070418070616
これから出発です
激パウですわ
テンションあげあげ

立山ツアー初日

待望の立山オープン日!
平日だというのに極悪な参加者が10名も集まりました。
室堂に着くと、パウダーはたっぷりですがかなりのガスガス。
みくりに荷物を置き、歩き出すと意外にも視界が開けて来るではありませんか。
浄土方面へハイクしドロップ!
写真はYさんです。
070417-1.jpg


雪は極上パウダースノー!
さらに登り返してもう一本。
その頃には雪が激しく降り出し、本日は撤収。
明日が期待できそうです。

詳細はツアーレポートもご覧ください。

祝杯

20070417185228
最高のパウダーに乾杯です
しかも明日は晴天予報ヤバいです

パウダー最高

20070417134835
視界もギリよくて最高です

室堂到着

20070417093927
雪はパウダーですよ
ガスですが晴れ男はせが居るのでぬけるでしょ

ヨンナナボードスクールツアーで小遠見山

今日はすばらしい晴天!
私はヨンナナボードスクールツアーの小遠見山ツアーを担当しました。
写真は小遠見山山頂から鹿島槍をバックに撮った記念写真です!

070415-0.jpg

滑走の方はザラメの上にうっすら新雪で気持ちよかった!

ちなみにブルークリフワンデイツアーはTAKEOが担当し、
八方へ行ったそうですが、上部はなんと昨日の降雪でパウダー!
最高だったそうです。

針ノ木大雪渓で大規模な雪崩事故

本日ブルークリフに立ち寄った、EMOTOガイドからの情報です。
昨日、私も針ノ木では40cm以上の新雪のため、雪崩でひやりとさせられましたが、今日はかなり大規模な雪崩が発生し、二名が流され、うち一名が開放骨折の大けがを負ったそうです。
現場にたまたま居合わせた、EMOTOガイドの敏速な救助活動により命に別状なく二人とも無事ヘリコプターにより救出されたそうです。


以下の画像は、同行したOSHITAさんより提供していただきました。
070415-2.jpg

破断面の高さはおそらく1m以上。
流された二人のスキーヤーは、頂上直下の稜線をツボ足でトラバースしている時に周囲が破断して、マヤクボカールの緩斜面を乗り越え標高差約500m下のデブリの末端付近まで流されたにもかかわらず、奇跡的に一命を取り留めたようです。

現場から見上げた映像です。
070415-1.jpg


針ノ木谷は常に雪崩の危険にさらされた谷底に、ルートがあります。
細心の注意が必要なことを改めて思い知らされました。
今回は偶然にも雪崩の走路に誰もいなかったため、被害が最小限に収まりましたが、
行列に直撃していたら、大変な事故になっていたと思われます。

針ノ木大雪渓はパウダー!真冬の嵐でした。

本日は企画ツアーで針ノ木大雪渓へ行きました。
朝は雨でしたが予報では回復傾向なので出発!
しばらく歩くとすぐに雪に変わり、辺り一面は新雪の銀世界!
標高1800mから上は一晩中雪だったようです。

070414-1.jpg


しかし、上に歩くほど風が強くなり、極寒ビュービュー状態です。
写真を撮ることもできないくらいの嵐でした。
マヤクボ沢では新雪が40cm以上は積もっていました。

それでもハイクを続けましたが、2400m地点で
上部の急な雪面をトラバースする単独行のボーダーが雪を切り、雪崩が発生!
その下の斜面をトラバースしていた、私他2名が流されましたが、無事脱出し事なきを得ました。
上部へ歩くのはあきらめドロップし滑り出しましたが
もちろんディープなパウダーです!
070414-2.jpg


これで視界がよければもっといいのですが、
この時期のパウダーはとってもうれしいです。

明日は八方でワンデイツアーを開催予定ですが、
もしかしたらパウダーかも!

海金剛スーパーレイン

11,12日の二日間、片道350kmの道のりを超えて、岳人の取材で西伊豆雲見の岩場へクライミングに行って来ました。
ここはとにかく暖かい!
まだ雪国の白馬から来るとまるで別世界です。

二日目は有名ルートの海金剛スーパーレインを登ったのですが、すばらしいルートでした。

とにかく登りながらみる海の景色が美しい!
070412-1.jpg

続きを読む

伊豆は暖かい

20070412124537
シークリフ岩も硬くて快適最高
プロフィール

TAKI(滝本倫生)

Author:TAKI(滝本倫生)
所属BLUECLIFF

Facebook
リンク
カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
忍者ビジター

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
RSSフィード
QRコード
QRコード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。