FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二軒小屋、蝙蝠岳、塩見岳ロングトレイル

8月22日から24日で、静岡から塩見岳を超えて長野に抜けるロングトレイルのガイディングへ行ってきました。

二軒小屋は、とっても綺麗で、夕食はフランス料理のフルコースと超豪華!
20110822-IMG_1307.jpg
翌朝は4時出発なので早めに就寝。

トトロが出てきそうな深い緑の針葉樹林をひたすら歩きます。
20110823-IMG_1310.jpg

7時間半歩いて、第一のピーク蝙蝠岳に到着。
20110823-IMG_1317.jpg

ここを越えるとガスが抜けてきました!
20110823-IMG_1324.jpg

そしてやっとこさ塩見岳到着。
とおかったー。
20110823-IMG_1328.jpg

塩見岳小屋でゆっくり休ましてもらい、最終日24日は下山だけののんびりハイク。
20110824-IMG_1335.jpg

三伏峠までのトレイルは、塩見岳や蝙蝠岳の展望が最高です。
082224-IMG_1337.jpg
穏やかな尾根は下山には最適ですね。

林道に降りたらアツーイ夏に一気になりました!

このトレイルはお勧めですよ。
スポンサーサイト

8月12~16日で北鎌尾根から西穂高岳までの長期ガイディングへ

長いこと山に行っており、ご無沙汰し申し訳ございませんでした。

5日間山篭りでした。

初日は、横尾山荘で快適な部屋とお風呂でのんびりし、
二日目は、北鎌沢出合でキャンプ!
20110813-IMG_1283.jpg

三日目によいよ北鎌尾根にアタック。
天候に恵まれ、最高の登攀となりました。
20110814_057.jpg

20110814_064.jpg

20110814_071.jpg

山頂に順調に到着!
20110814_073.jpg
この日の槍ヶ岳は、はしご渋滞で小屋からの往復は2時間かかったらしいです!

4日目は、南岳小屋から大キレットへ。
20110815_088.jpg

長谷川ピーク超えは快晴でしたが、最後は雨にふられながら穂高山荘へ到着。
20110815_102.jpg

最終日5日目は終日ガスや霧雨にやられました。
20110816_117.jpg
西穂山荘から上高地への下山は雨の中、、

ストックを使った登山の歩き方

他の登山者やお客さんの歩き方を見ていると、ストックを使用して上手く歩けない方が多いようです。
そこでいくつかポイント説明しちゃいます。

私自身膝の靭帯再建をしているので、膝を伸ばしきったり、
深く曲げると時々痛みが出る時があります。
膝の負担を減らすには、できるだけニュートラル(膝の角度が2,30度位)を維持しながら歩くのがまず基本。
飛び降りるときもニュートラルで着地すれば衝撃は少ないです。
ストックを使うとニュートラルを維持しやすくなります。
遊んでいる腕の力も少々使うことによって、足の負担も軽減。
動物が素早く山の中を走り回れるのも4本足だからです。
4本足に少しでも近づくにはストックしか有りません。

まずダブルストックは必須アイテムです。
シングルではプッシュが使えないので意味があまりありません。
石づきカバーをしたままで使っている方が見受けられますが、
滑って使い物にならないので外しましょう。
カバーは交通機関を使うときやアスファルトを歩く為のものです。


登りは、体をやや前傾にして、足を出す位置より少し前にストックを垂直について、
軽くプッシュして登って行きます。(プッシュといっても極めて軽くでOK)
ストックを使えばいつもより、2、3割歩幅を大きくして歩いても
プッシュを使うことにより、足の負担が少なく登れます。

平地歩きも、脚を出すいちくらいにストックを突いて、軽くプッシュしてあげ
リズミカルに歩くと、とっても楽です。

下りは、足を出す位置より少し前にストックを突いてから足を出します。
大きな段差を下るときは、ストック2本を前に同時についてから足をおろします。
衝撃が格段に少なくなりますよ。

私は穂高連峰など岩稜歩きが多く収納する必要があるときは、カンプのゼノン4ポール110cm
一日中ストックを使うトレッキングでは、グリップが楕円形で握りやすいコントワーエリプティックショックコンパクトを使ってます。
これら以外にもブラックダイヤモンドからは、多くのストックが出ていますがどれを選んでも間違いありません。

ストックを使えない、岩場や鎖場、木の根を掴むときは素早く片手に束ねて持って通過します。
素早く離すために私はストラップに手を通すのは、長い平地歩きが続く時くらいで、使ってません。
ゼノンポールは、ストラップが邪魔なので取り払ってしまったくらいです。

ゆっくり歩きたい時にリズムを取るためにストックを使うのも有効です。
ストックを突いたら、少しだけ間を開けてから足を出す。
この歩き方で歩くと、まさに中高年向けのコースタイムぴったりで歩けます。

逆に早く歩きたい時は、歩幅を少々大きくしストックをつくと同時に足を動かせば、
コースタイムより1.5から2倍のペースで歩けますよ。

ストックをフル活用して、楽に長い距離を歩けるようになると、ますます登山が楽しくなります!

ぶるくり号ハイエースLPGガスハイブリッド化

ツアーにご参加の方にはお馴染みのブルクリ号ハイエースを
インテグラルガスハイブリッドに改造し1ヶ月経過しました。
20110801_1225.jpg
詳細はインテグラルさんやコチラの記事を見ていただければわかるのですが、
LPGどガソリンを自動で切り替えながら走るこのシステム絶好調です!
ガソリンは1000km程度走行し目盛りがEに近づいたら
10~20L程度補給する程度でよくなり、ほとんどLPGで走ってます。
難点は初期投資がすごすぎることですが、いずれ元を取り上回るはず。
オートガススタンド探しも楽しいものです。
LPGは排ガスがとっても綺麗なのと、オイルを殆ど汚さないので
交換サイクルを1万キロ以上にしても問題ないというのもメリットです。

気になる7月の収支報告ですが
走行距離4483km
ガソリンLPGトータル燃費 L/7.71km
ガソリン給油量 80L、平均単価146.75円
LPG給油量501.46L、平均単価95円
1km/13.24円で走行
LPGとガソリンの差額25,987円燃料が安く済んだ勘定です。

さて今後も楽しみ。

槍ヶ岳北鎌尾根

7月29から8月1日で、ガイディングで北鎌尾根へ行ってきました。
雨にだいぶやられましたが、クライアントさん再高齢78歳のOさん他、3名と無事登頂しました。

4日間の日程なので、のんびりと初日は曇り時々雨の天気の中槍沢ロッジで宿泊。
最近docomoの電波がよくなったのか、ここでも通じました!

翌日は、ほぼ一日雨が降ったりやんだりの天気の中、水俣乗越を超え、天上沢を下り北鎌沢出合にキャンプ。
天上沢の下りは雪渓も少ししかなく、アイゼン不要でした。

ガスから時折山肌が見える。
20110730_051.jpg

続きを読む

プロフィール

TAKI(滝本倫生)

Author:TAKI(滝本倫生)
所属BLUECLIFF

Facebook
リンク
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
忍者ビジター

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
RSSフィード
QRコード
QRコード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。