4月28日 槍穂高ツアー 2日目 飛騨沢パウダー!

朝から快晴です!
50cm以上の新雪の積もった槍沢をひたすらハイクし、お昼頃には全員肩の小屋に到着。
送信者 2013-04-28槍穂高ツアー2日目 槍沢~肩の小屋~飛騨沢滑走


そして一休みした後に、日当たりの悪い飛騨沢へパウダー狙いでドロップ。
これが、若干パックはしていましたが、この時期としては信じれないようなパウダーでした!

こちらTさんのスプレー!
2013-04-28槍穂高ツアー2日目 槍沢~肩の小屋~飛騨沢滑走


Iさんかっ飛ばしてました!
送信者 2013-04-28槍穂高ツアー2日目 槍沢~肩の小屋~飛騨沢滑走

その後は辛い登り返しに耐え、肩の小屋へ帰還。
素晴らしい夕日も見ることが出来まして、最高に充実の1日お疲れ様でした。

4月27日 槍穂高ツアー初日 まさかの大雪!

GWツアー第一弾!槍穂高ツアーツアー初日でーす。

沢渡からタクシーで上高地に入るとびっくりの一面雪景色!
道路はすっかり雪道状態で、タクシーやバスまでスタックしてました。

お陰で、上高地バスターミナルからオールシールハイクで槍沢まで入ることが出来ました。
2013-04-27槍穂高ツアー 初日 まさかの大雪!

明日の好天を信じて、早めに爆睡!

4月7日エギュードタキュル ショルダームービーアップ

4/7エギユーデタキュルショルダー滑走

シャモニーの街は小雪が舞っていましたが、山の上はマイナス12度快晴です。


タキュルクーロワールを登ります。


タキュル肩でモンブランをバックに記念写真。


対岸のノアールの急斜面が今日のトラックでギタギタ。


そしてパウダーの北面急斜面に滑り込みます。


吸い込まれるような急斜面が続く。
しかもパウダー!


岩場滑って。


20メートルの懸垂一発。


まだまだパウダー!


最高斜面mまだまだ続く。


私も撮ってもらいました。
最後は春っぽく雪が重たくなってきました。


氷河に降りると今日の斜面が丸見え。
リッジすぐ右のラインです。
今日は3人だけの貸切でした。


連日素晴らしすぎですねえ。

4月6日 50週年のグランモンテスキー場から裏ンモンテ

今日はグランモンテスキー場開通50週年とあって、リフト代が半額の28ユーロで買えました!
イベントや屋外コンサートもやって賑やかでしたが、広大なスキー場は全然ガラガラに見えます。
午前中は中間駅ゲレンデで遊び、午後からトップリフトに乗り勝手に名付けた裏ンモンテへ!

これがまた前日雪が降ったらしく、サラサラパウダーでございます。

こちらTAKI
130406P4060608.jpg

ドリュをバックにSUGI
130406P4060652.jpg

急斜面を滑るSIN
130406P4060701.jpg

アプローチゼロで、昼から入っても何故かノートラックパウダー!
ロケーション、地形、斜度も最高。
最後はアドベンチャーに懸垂と、ガレたクーロワールを抜けて氷河に出る極上ラインです。
130406P4060757.jpg
ここはぜひ日本の皆様にも滑ってもらいたいですね。

4月5日ピオレドール授賞式INクールマイヨール

今日は天気イマイチとあり一日レスト。
夕方からおとなりの国イタリアクールマイヨールでピオレドール授賞式があるとのことで
日本人応援団として行って来ました。

小さな村全体でピオレドールを盛り上げてました。
130405P4050436.jpg

民族衣装を気飾ってのパレード。
130405P4050459.jpg

そして結果は、日本の花谷、馬目、青木チームを含めた、6チーム全てに
金のピッケルを授与するという快挙が起きました!
130405P4050522.jpg
あまりにレベルが高く、バリエーションに富んだノミネートばかりで
審査員がひとつを選べなかったようですが、それ程に素晴らしい登攀の当たり年だったようです。

4月3日ミディムービーアップ

3月24日バックカントリーツアー金山沢

歩くの苦手で(笑)、滑りは大好きなKさんと、あまり登らないで金山沢にドロップしました!手軽にアルパインな雰囲気のする奥深い山へ来れてしまう金山沢。春の定番ですね。

8587480433_a2a3f16345_q.jpg
2013/03/24 2013/03/24 ブルークリフバックカントリーツアー金山沢

Shiva 

3月22日パウダーガイド八方

柴田です。

昨日までの10日間、日本山岳ガイド協会で新設されたバックカントリースキーガイド・ステージ2の検定を受けておりました!


更新遅くなりましたが、3月末の八方のツアーレポートです。ザラメ、ストップスノー、パウダーといろいろな雪質がありましたが、今年は貴重な春のパウダーを滑れました!


8588569620_277ae806bc_q.jpg
2013/03/22 ブルークリフパウダーガイド八方

Shiva 

4月4日ラツールスキー場から裏ツール

今日は天気が下り坂なのと、気温が低めなので標高の低いラツールスキー場へ。
勝手に「うらツール」と名付けたスイス側の斜面を降りて、
登り返しとトラバースでフランスに戻り、バロシンヘ下山。
雪はクラスト&ザラメでそこそこ良かったです。
2013-04-04ラツールスキー場から裏ツール

アドベンチャー気味の開拓ツアーでしたが、
日本と違うのは、ツリーがめちゃくちゃ密林の松林でとても通過もできないことです。
厳冬期にパウダーだったら、オープンツリーマッシュ沢地形とフルコースで
相当楽しそうなエリアでした。

4月3日ミディからバレーブランシュバリエーション

本日は雲海の上からスタートです。


日射を受けない面はパウダーがあると踏んで登り返します。


するとスパーパウダーありました。
後ろはモンブラン。


青空バックにドパウダー!




そしてもう一回別なところを登り返します


こちらもまたまた最高パウダー


バックはダンデジュアン


タキュル山頂からのライン良さげ
今度滑りたいなあ


ミディとモンブランの夕焼け

シャモニーは山スキーパラダイスですよーー

4月2日ミディ バレーブランシュからシャモニー町まで大滑走

1日にジュネーブからシャモニーに到着し、よく2日はミディ山頂(3800m)からバレーブランシュに入り
モンタンベールで少し登り返して、シャモニーの街まで標高差2800m滑走しました。
新雪がかなり積もっていたようで、どこもかしこもパウダー状態!
上部はかなりいいパウダーで、最高でした。


中間部からは日当たりの良い部分はモナカでしたが、雪が多く街まで滑ることができて素晴らしいです。

2013-04-02ミディ、バレーブランシュ、シャモニー


プロフィール

TAKI(滝本倫生)

Author:TAKI(滝本倫生)
所属BLUECLIFF

Facebook
リンク
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
忍者ビジター

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
RSSフィード
QRコード
QRコード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: