5月2-4日 剱岳ツアー

毎年恒例のエキスパートなツアーである剱岳ツアーへ行ってきました。

初日は酷暑の雷鳥坂を超え剱御前でノートラックの一本。
2014-05-02ブルークリフ 剱岳ツアー 初日

早々に剱御前小屋に入り、明日に備えてゆっくり休みます。

二日目は薄明るくなると同時の4時半にカリカリの剣沢滑走からスタート。

デブリだらけの長次郎雪渓を詰めて順調に長次郎のコルに到着。
しかし予想通り日本海からの寒冷前線が目前に迫っており
頂上は諦めて、コルから滑走に切り替え。
デブリだらけではありましたが、ところどころ気持ちいいザラメもあり、
逃げるように大滑走。
その後なが~い剱沢を登り返すのですが、後半は雨アラレ暴風の荒れた天候になりなかなか大変。
剱御前で待機するもガスが晴る気配なく、ハードガスの中雷鳥沢を滑り、
本日の宿泊のロッジ立山連峰へIN・
快適な温泉につかり長い一日の疲れをたっぷり癒やされました!

最終日は朝からピーカン。
大汝山からの滑走を目指しましたが、到着した頃には雲が厚くなり気温も低く斜面はカチカチ。

頂上からの滑走は諦めて、富士ノ折立までトラバースし歩いて真砂のコルまで下降。
コルからの滑走は上部は固めでしたが、下部は天気も回復してきて今回のツアー中
最高のザラメバーンを滑ることが出来ました。

天候、気温に悩まされたツアーで残念でしたが山頂を踏むことは出来ませんでしたが、
暑いから寒い、無風快晴やら暴雨風、ストップ雪から、ザラメ、カチカチとあらゆるバリエーションを
凝縮した3日間でした。

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass:
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

5月2-4日 剱岳ツアーのトラックバックURLはこちら
朝日新聞長野版「山人記」◇ ◇3日14時から5日の3日間、ブルークリフ冬物一掃青空市開催